ブログやホームページを作ったことを最初に教えるのは誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初めて作ったブログやホームページ。
準備は大変だったかもしれません。
それでも実際にスマホやパソコンで自分のホームページを見ると、イメージ通りで大満足だと思います。

そこで、あなたは誰にこのワクワクを知らせたいですか?
友達、仕事関係、これまでのお客さん、いろいろいらっしゃると思いますが、忘れてはならないのがGoogleです。

desert-1623120_1920

初めて作ったホームページを例えると、「砂漠の真中のお店」とよく言われます。

どういう意味でしょうか。
砂漠の真中のお店をイメージしてみてください。

お客さんは来てくれそうですか?
人は歩いてますか?

ホームページにアクセスしてくれるお客さんには、2つのルートがあります。

一つは Facebookやブログの紹介記事を見て
もう一つは GoogleやYahoo!で検索して

どちらも作ったままで何もしなければいつまでたっても、誰も見に来てくれません。

なぜ?

なぜ誰も見に来てくれないのでしょうか。
それは、インターネット検索の仕組みを理することが必要です。
知らないままだと、いつまでもお客さんの来ないホームページになってしまいます。

検索の仕組み

いつも検索に使っているページを検索エンジンと使います。現在、検索エンジンと言えばGoogleを指しますので、ここではGoogleの検索を説明していきます。

google%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%aa%93

検索エンジンとは
インターネット上に存在する情報を、キーワードなどで検索するためのシステム。また、そのシステムを利用できるウェブサイト。代表的なものとして、「Google」「Yahoo!」「goo(グー)」などがある。

検索する時Googleの検索窓にキーワードを入力すると、結果が一瞬で画面に表示されとても便利ですね。
この時Googleは、探したい物や言葉を入力してEnterキーを押した後、インターネットにつながっている世界中のコンピューターにその言葉を探しにいっているわけではないのです。
この世界中の情報の中から目的のものを一瞬で探す秘密が「クロール」と「インデックス」です。
クロールとはインターネット上にある情報をあらかじめ探しに行くこと、インデックスは探してきた情報を整理して蓄積しておくことです。

英語ですが動画を見ると良く分かります。

 

クロールは蜘蛛の巣を高速で走り回るスパイダー

tangled-web

インターネットはWebと言われるように、世界中に広がる蜘蛛の巣のようなネットワークで出来ています。
この蜘蛛の巣のネットワークにつながったコンピューターの膨大な情報の中から、一瞬で検索した言葉の回答を出すには、あらかじめ情報を集めておく必要があります。実際にユーザーが検索しているのは、世界中のコンピューターではなくGoogleの巨大なデータベースの中で、クローラーは蜘蛛の巣を自在に移動して情報を編める蜘蛛のイメージです。

Google では、「ウェブ クローラ」と呼ばれるソフトウェアを使用して、公開されているウェブページをクロール(情報を取得)します。最もよく知られているクローラは「Googlebot」です。クローラは、ユーザーがウェブ上でコンテンツを閲覧する場合と同じように、ウェブページを見て、ページ上のリンクをたどります。リンクからリンクに移動し、これらのウェブページに関するデータを Google のサーバーに蓄積していきます。

 

インデックスは世界中の情報が集まった巨大な図書館

library-488677_1920

Googleのインデックスは 100,000,000 ギガバイトを超え、その構築に費やした処理時間は 100 万時間を超えているそうです。
ちなみに、1ギガバイト = 新聞紙約38,848枚分ですから 100,000,000 ギガバイトは3兆8,848億枚分。100 万時間は114年です。

ウェブは、一括管理されることなく絶え間なく書籍が増え続けている図書館のようなものです。基本的に、Google では、クロール時にページの情報を収集した後、インデックスを作成することで、検索対象の正確な場所を把握します。本の巻末に収載されている索引と同様に、Google のインデックスには、単語と単語が使われていたページに関する情報が含まれています。検索を行うと、まずはアルゴリズムに従ってインデックスから検索キーワードに対し適切なページを見つけます。

あなたのホームページはインデックスされていますか?

google%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

初めて作ったブログやホームページを「砂漠の真中のお店」と表現した意味がわかったでしょうか。

作ったばかりだとGoogleにインデックスされていないからなんですね。
インデックスされていないということは、検索されても永久に表示されませんから、存在していないのと同じです。

なぜ、インデックスされないかというとクローラーが来ないからです。一度来て覚えてもらえれば登録されますので、その後は定期的に訪問してもらえますが、最初はこちらからクローラーにリクエストする必要があります。

最初にすることは

クローラーにホームページの存在を知らせる

です。
027059-461x400

 

無料ブログはインデックスの心配はいりません。

アメブロなどの無料ブログは、アメブロ本体に常にクローラーが来ていて、新着記事をたどってクローラーが訪問してきますので、何もしなくてもインデックスされていきます。
So-netブログは、このインデックスの早さが特徴で、最新記事を投稿するユーザーには人気です。今日のニュースを一生懸命書いても3日後にインデックスされたのでは意味がないですから。

 

Googleにインデックスをリクエストする

(1) Google ブログ検索に追加する

一番簡単なのはGoogleのブログ検索サービスにリクエストすることです。
ブログやホームページのアドレスを入力して、「ブログを送信」をクリックします。

http://blogsearch.google.co.jp/ping

google%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9

 

(2) Google Search Consoleを利用する

少し専門的になり初心者には難しいかもしれませんが、これから長くホームページを運用していくのであればチャレンジしてみてください。

Google Search Console

Search Console とは
Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

Googleのサービスを利用するには、アカウントを作成する必要があります。Googleのアカウントを持っているとメールの「Gmail」やホームページのアクセス解析のできる「Google Analytics」といったサービスも利用できますのでアカウントの作成をおすすめします。

google%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e4%bd%9c%e6%88%90

Search Console の「Fetch as Google」でリクエストする

Google Search Consoleの中に「Fetch as Google」というものがあります。Fetch as Googleを使うと記事を個別にリクエストしたり確認できます。

Fetch as Google ツールを使うと、サイト上で Google が行う URL のクロールまたはレンダリングの方法をテストすることができます。Fetch as Google を使用して Googlebot がサイト上のページにアクセスできるかどうか、ページのレンダリング方法、ページのリソース(画像やスクリプトなど)が Googlebot に対してブロックされているかどうかを確認できます。

fetch-as-google

Google にインデックスされているか確認する方法

ホームページや投稿した記事がインデックスされているかどうか確認するには、「site:」を付けて自分のサイトの URL を検索します。

このサイトを例にすると
「 site:http://dreamingbody.jp 」 となります。

%e7%a2%ba%e8%aa%8d

作ったばかりのサイトはインデックスされるのに数日かかることもありますので、焦らずしばらく待ってみてください。
それでも、インデックスされない場合は以下の可能性があります。

サイトが Google に登録されていない場合
Google では何十億ものページをクロールしていますが、サイトによってはクロールされない場合もあります。Google のスパイダーによってサイトがクロールされない場合、よくある原因は次のとおりです。
•サイトがウェブ上の他のサイトから十分にリンクされていない。
•新しく立ち上げたばかりのサイトで、Google がまだクロールできていない。
•サイトのデザイン上の問題により、Google がコンテンツを効果的にクロールできない。
•Google がサイトをクロールしようとした際にエラーが発生した。

Bingにも教えておこう

検索エンジンのシェアはGoogleとYahoo!で90%以上占めていて、残りの5%程度がマイクロソフト開発のBingです。
Yahoo!はGoogleと同じものなのGoogleの登録で大丈夫ですが、余裕があればBingのインデックスにもリクエストしておきましょう。

自分のサイトを Bing に登録する

being

リンクからクローラーを呼び込む

smartphone-1445489_1920

リンクとは、画像や文字をクリックして他のページを表示させる仕組みのことを言います。リンクには「内部リンク」と「外部リンク」があって、内部リンクは自分のホームページ内で他の記事へ飛ぶつながり、外部リンクは自分のホームページから他のホームページへ飛ぶつながりです。いつもやっている画像や文字をクリックして情報を探しに行く行為です。

ホームページにたくさんアクセスしてもらうのに、このリンクはとても重要です。

一つは、これまで説明してきたクローラーの訪問経路をたくさん作れること。
仮にインデックスをリクエストしていなくても、他のホームページからリンクされていれば、そのリンクをたどってクローラーが来ることができます。

もう一つは、SEO対策。
SEO対策とは簡単に言うとGoogleに気に入られて、検索結果ページの1ページ目に表示してもらうことです。インデックスされなければ、存在しないのと同じと言いましたが、インデックスされて検索結果に出てきたとしても、検索結果が50位だとすると5ページ目で、誰もここまでは見てくれません。ということは、存在していないのと同じなのです。
リンクが多いと、それだけ価値のある情報があり多くの人から支持されているということになりGoogleの評価が上がります。

リンクを増やす正当な方法

リンクを増やす一番いい方法は、価値ある情報を提供すること、これにつきます。多くの人の役に立ったり興味のある記事は、自然にリンクされていきます。自分が記事を書いていてもそうですね。参照先をリンクしたくなります。
これは誰もわかっていることなのですが、簡単ではないのが現状です。

でも、基本はここにあるとを忘れないでください。

友達に紹介してもらう

友達がブログをやっていたら紹介してもらいましょう。一時的な拡散はSNSでもいいのですが、リンクという意味ではブログかホームページでの紹介が良いでしょう。

ホームページを登録できるところはしておく

紹介してくれそうな友達もそうはいないかもしれません。しかも、いきなりアクセスがたくさん集まる記事を書くのも難しい。
そこで、ネット上で登録できるサイトには登録してみましょう。効果が「ある」「ない」いろいろな説がありますが、可能性があるなら登録しておきましょう。

ブックマークサービスに登録

B! はてなブックマーク

はてなブックマークとは

はてなブックマークは、オンラインにブックマークを保存・公開することで新しい体験ができる、ソーシャルブックマークです。はてなブックマークを利用すると、インターネットの情報をより深く理解でき、良質なページをより少ない時間で見つけられます。ブックマークすることで、知らないだれかと価値を共有するのは、すばらしいことです!

NAVERまとめ

楽天 Social News

ブログランキングに登録

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

 

独自ドメインを取って初めてホームページを作ったあとは、インデックスとリンクを増やす対策をやっておいてください。